晝は夢 夜ぞうつつ

本と、夜の考えごと

考えごと

認知の崩壊の先を一緒にいてくれる?

脳ミソは枠を作り、ルートを作り、パターンを作りたがる。 我々は脳ミソの奴隷になってはいけないが、 脳ミソがないと生きられない。自分の意思がある、自分で生きている、などと思ってはいけない。 かといって生かされている論を唱えるつもりもない。結局我…

言葉に込めた残り香

人と関わる上で、何より対話を大事にしたいと言いながら 声に出すとどこかへ行ってしまう事もある。心の中にある想いは宇宙へ届く程の熱量があるのに、 それにそぐう言葉なんてどこにも見当たらなくて。頭の中にある言葉のごった煮へ 腕を差し入れてぎゅっと…

過去にする覚悟を持つということ

前回、言葉にすると破壊する可能性を露出する、という様なことを書いた。こうやってブログに記すということはつまり、 もう誰かに破壊されても仕方ないし、 わたしのものでもないし、 そもそも存在しなかったとしても仕方ないという覚悟があるわけなの。 そ…

わたしの生きる意味が永遠に叶わないと知ったとき

わたしにとってのそれは一瞬で破壊された。 いや、正確には破壊ではない。そもそも、そんなもの存在しなかったのだ。 存在しないものを「存在しない」と証明されただけ。・ ・ ・それのことは、自分でも明確に理解していなかったのだ。 それを言葉にすること…

言葉にしない事による可能性

言葉にしないという選択は大きな意味を持つ。言葉にしないと伝わらないが、 伝えてしまった瞬間に可能性の多くが闇へ消える。あらゆる可能性を想像することが出来るのを知っていて。 想像を禁止することは出来ないことを知っていて。 無限の可能性を禁じない…

GIVE=受け取るという事

言葉の定義による危険性 一般的な言葉であればあるほど とある言葉を見て 何かを連想していると感じる隙もなく 言葉本来の意味ではない 連想したイメージに引っ張られている事が多々ある。この本を少し読んで「GIVE」のイメージって超絶危険と思った。 GIVE …

ポリアモリーという通過点

ずっと書けなかったポリアモリー ポリアモリーについてずっと書きたかった。だが、一部が誇張され、 現実的でない関係であり、 異端な現象として捉えられている事に対し恐れがあった。もう既に「誤解」が浸透しているとは思うが、 わたしなりにポリアモリー…

資本主義がダサイ

二元論洗脳の正体 この世の違和感を解剖していくと 二元論に行き着く。そして、この二元論を あたかも自然な現象である様に 世に蔓延らせているのが資本主義である。資本主義がいい悪いではない。 人工的な構造に違和感を覚えるまでである。相反する二つの事…

「気」を「氣」と書く人って何者

日本語の持つ潜在的可能性 突然ですが、英語ってシンプルな言語ですよね。 誰が書いても意味が同じ様に伝わる構造故、 イントネーションや身振り手振りで個性や感情を表現するわけです。逆に日本語は発音も平坦で淡々としています。 それはイントネーション…

シンギュラリティとデジタル人間

シンギュラリティから見る価値観 人工知能の発達が目覚ましい。 シンギュラリティは必然であると思う。 人間の知能を超えるのは当たり前だ。そこであなたはデジタル人間になりますか。額にマイクロチップを入れたら、何も持ち歩くものはない。 体内に仮想通…

決める事の危険性

意見があれば安心 人は「分からない」「決まらない」という 宙ぶらりんな状態に対して 過度なストレスと不安を感じる。よって、私の意見はこうだ! このプレゼン内容で決まりだ! 転職するって決めた! 等々・・・何に関しても安心する為に 早く「決め」にか…

ループと境界

激動の1年が終わろうとしている。 あなたの1年はどうでしたか。それは終わるもの、だけど続くもの。 死んだ私は蛇の様に終わらない。以前、死はGiftという記事を書いたが 死と向き合わないことは問題の先送りである。保留にするというのは負荷をかけ続けると…

秋葉原という次元

変わらないものなど何ひとつない 先日、秋葉原に立ち寄る機会があったのですが 昔の光景が走馬灯の様に蘇り、 祭りの後と雨上がりの虹の様な 静かな切なさが広がりました。すべてのものは二度と元には戻りません。 それが進化であろうとも、 同じ体験は二度…

結局何を言いたいのか分からない文章

趣旨が伝わりやすく、 明確に解説がされている文章は 整えられているし万人に受け入れやすい。 また、即効性が高く利用しやすい。私の書く文章は靄の様でとりとめがない。 掴みどころがなく起承転結がない。私はわざわざあなたの為に 読みやすい文章を書こう…

尋常ではない程ルールに縛られる人々

我々は操り人形の様なものだ。部屋の中の鳥かご。 時々部屋の中を飛んで あたかも自由を得たかの様に錯覚するが、 鳥かごから出た場所は 外部と隔離されたルールという部屋の中なのだ。 子どもから学ぶ現代の闇 最近1歳~3歳位の子どもと接する機会が連続し…

「知っている」と「知っている」の壁

意図が伝わらない 前回、言語化した瞬間に思考が終了する記事を書きましたが、 その場に居合わせて、 対面で真剣に伝えても大体意図は伝わっていないものです。そもそも、辞書を引いたら言葉の意味は一つではないのに、 同じ言葉を聞いてもその人によってイ…

永遠はおそか昨日言った事も分からない

言語化すると思考が終了する 日記でもブログでも、 誰かに送ったLINEでも手紙でも、 何でもいいから毎日何かしらの言語をアウトプットしていると思います。言語化したものは その瞬間のみ有効で、 その瞬間伝えたかったことであって、 その瞬間だけ真実だと…

抑うつリアリズム論、暗闇を見つめると見える事

抑うつリアリズム論 前回うつの話を書いたので、 関連して私の好きな「抑うつリアリズム論」。うつ病の人の方こそ、世界を正しく現実的に見ている という理論です。世の中の人が薔薇色の色眼鏡をかけているのが 気持ち悪い感覚はずっとありましたが、 どん底…

夢にまで見た「うつ病です」

イヤホンが絡まりたくて ブログっていうのはさ、 需要がありそうな記事を読者の為に書いた様な記事よりも 知ってる人の日記を覗いてしまって、 ちょっといけない物見ちゃった様な個人的な内容が好きだ。だって公に出来る事は知ってる人に話せばいいじゃない…

「死」という最大のGift

逃れられぬ希死念慮 私の根底には希死念慮の川が流れています。人に見せる為のものではないし、 わざわざ見せる事は殆どないですが、 洪水を起こして自分の足で立っていられなくなると うつ病の様な形で目に見えて苦しくなってくる事があります。ここ数日、…

芸術家が一番スゴい

芸術が愛しい 芸術はスゴい。それは絵かも知れない。 音楽かも知れない。 文章かも知れない。演劇もファッションも、 哲学もアートだが、 共通するのは世界観だと思う。自分の世界があって、 自分なりの表現があって、 それを誰かに抑制されていないことだ。…

映画「メッセージ」を観て思ったこと

映画「メッセージ」が気になっていたので 一人レイトショーで観てきました。感想は一言で言うと「あああああああああ!」(語彙力)ネタバレなしで感じた事を書きますが、 多分よく分からないと思います。笑 常識という名の惰性 「常識」という言葉が存在す…

自分という幻想

「自分」は環境によって作られた反応でしかない 「自分」はこう思ってるとか、 「自分」はこういう性格ですとか、 「自分」の夢はこうですとか、普通に「自分」「自分」言いますけど、 それって、誰なんですかね。その自分っていつ生まれたんですかね。受精…

結局最後は「宗教みたい」になる件

最終到着地は目に見えない 何事も突き詰めて考えていくと 結局「宗教かよ」ってなります。別に、仏教やキリスト教の話をしたいわけではありません。 儒教でもイスラム教でもカルトでもなく、宗教「みたい」になるってことです。つまり手で掴めるものでもなく…

「死にたく」させて「死にたい」って言うと「生きて」とかいうバカみたいな文化について

「死にたい」環境で「死なないで」の拷問 私は「うつ状態」でした。あの頃、私は毎日存在をない事にしたくて、 自殺というよりも、ただ命を消したくて、 毎日目が覚めた瞬間ぞっとして、 眠る時は二度と目覚めませんようにと祈りました。人とのつながりは切…

人生のピークは何歳か

小学校1年生で確信した人生のピーク 人生のピークとはいつだろう。私の場合、小学校1年生で確信した。 小学校中学年、つまり小学3年生~4年生である。事実、それまでの私は毎年1年を振り返る度 年々楽しくなっており、上り調子を感じていた。3年生と4年生は…

元来、インターネットは根暗の為のオアシスであった

インターネットという「まこと」の世界 このブログのタイトルでもある江戸川乱歩の言葉に 「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」とあるが、 あの頃の私にとってインターネットの世界とは、 「まこと」の世界であった。あの頃とは、今から15年~20年程前の事…

「あなたのことはそれほど」

ドラマに想う不倫 珍しくドラマを観ています。 なんでこう、不倫というトピックに惹かれるのでしょう。笑あと、波瑠あんまり気にしたことなかったけど、やはり綺麗ね。 波瑠に心から愛されたら幸せだわ~。さて、本題に戻しまして不倫です。しようとも思わな…

魔性の女は女神タイプ

今日、魔性の女というワードを聞いて、湧き上がってきました。笑皆さん、「魔性の女」と聞いて想像するイメージってどうですか。 美人でセクシーで男を悩殺するイメージでしょうか。それ、魔性の女ではないですよ。笑(ただのエロい人じゃない?だって男が「…

不倫の格差

女の浮気の方が罪が重いと思うんだよね と、以前お付き合いしていた方に言われたことがあります。 私の頭の中には多数のはてなマークが出現しました。 彼に理由を尋ねると 「なんかさ、そいつのこと受け入れちゃったんだ…っていうさ」 という全く合点のいか…